それって実際どうなの課で紹介!温泉のある宮城県大崎市の廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡の価値・査定額とは?場所詳細アクセス情報まとめ

TV番組

2021年7月29日()00時09分~ それって⁉実際どうなの課【廃墟問題を徹底調査】【森川葵がペン回しで大技に挑戦】が放送されます。

番組では毎回、世の中のウマイ話を検証。

今回、ずん・飯尾和樹さんが宮城県にあるレジャーランドの廃墟の価値を徹底調査して廃虚になったワケや実際どのくらいの価値があるのかその金額を明らかにします。

そこで調査される廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡が気になったので場所詳細とアクセス情報について調べてみました!

スポンサーリンク

それって実際どうなの課で紹介!宮城県大崎市の廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡とは?

それって実際どうなの課で紹介された「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡は宮城県にある廃墟遊園地。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小野 満(@ono__man)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kyami(@pkxphoto)がシェアした投稿

化女沼レジャーランドは1979年に「化女沼保養ランド」として開業。

その後「化女沼レジャーランド」と改名し、当時のレジャーブームで人気観光スポットとなり、最盛期は年間約20万人が訪れる、宮城県で1、2を争うレジャー施設だった。

2000年に閉園し閉園後もほぼ全ての遊具がそのまま残されており、一部では「廃墟マニアの聖地」と言われることもあった。

2003年には敷地内に良質の温泉がわくことが判明。

2016年にNHK「熱中人」で「廃墟熱中人」として「よごれん」こと鹿取 茂雄(かとり しげお)さんが「廃墟熱中人」として化女沼レジャーランドを取材したことがきっかけとなり、「よごれん」さんのツイッターで施設の買取を呼びかけ話題となった。

また、2017年1月には初の「廃墟テーマパーク」として開業するクラウドファンディングプロジェクトが始動していたが、同月末に企画の中止が発表された。

化女沼レジャーランドの元持ち主の古川商会の後藤孝幸社長によると土地の売買契約がクラウドファンディングとは別で進んでしまい、残念ながら断念せざるを得ない状況となったとのこと。

売却後は見学・撮影等はできなくなると当時発表されていた。

スポンサーリンク

それって実際どうなの課で紹介!宮城県大崎市の廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡の価値・査定額とは?

廃墟マニアにはたまらない魅力のある「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡ですが、実際の査定額となるとまた違った「価値」になるかと思います。

昨今では、空き家も増えて問題になっているように、ホテルも廃業後に廃墟化し所有者が高齢になったり、不明になってしまうとかなり解決しにくい事象になることが想像できます。

土地と建物を一体で査定する場合、価格も土地建物一体の総額で決定することになります。

廃墟のように建物の老朽化等が激しく、取り壊しによる鑑定評価が最有効と判断される場合、土地の価格から建物解体費を差し引いた評価額が求められます。

地方など土地の価格が安く、建物解体費が土地価格を上回ってしまう場合は理論上、評価額がマイナスになる可能性があります。

先日、島根県津和野町が2021年度、津和野地区を通る国道9号沿いで、閉鎖から20年以上たったホテルの廃虚を解体し、新たに見晴らし公園を整備すると発表し2021年2月、土地約5千平方メートルと鉄骨2階建ての建物を、合わせて1000円で購入しました。

建物の撤去費とその後の公園の整備費等事業費は約1億5000万円とのことです。

つまり、島根県の廃墟の場合、建物に価値は無く、土地の価値は事業費から公園整備費を引いた建物撤去費+1000円ということでマイナスの評価額ということになります。

「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡もその価値を算出するのに建物撤去費用などを盛り込んだ場合はマイナス査定ということもあるかもしれませんね!

スポンサーリンク

それって実際どうなの課で紹介!宮城県大崎市の廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡の場所アクセス情報

建物名:「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡
住所:〒989-6251 宮城県大崎市古川小野遠沢10−39
アクセス:
入口は宮城県道266号化女沼公園線沿いにある。化女沼の湖周道路の大崎市道化女沼東線から園内を見ることができる。
・東北自動車道・長者原SAスマートICより約2km
・東北自動車道・古川ICより約9km
・JR古川駅より約9km 

注・廃墟の中に入ることは大変危険です。所有者がいる場合許可を得ないで建物内に入ると不法侵入となる恐れがあります。

スポンサーリンク

宮城県大崎市の廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡が「それって実際どうなの課」に登場しどのくらいの価値があるのか査定額を発表

番組では毎回、世の中のウマイ話を検証。

今回、ずん・飯尾和樹さんが宮城県にあるレジャーランドの廃墟の価値を徹底調査して廃虚になったワケや実際どのくらいの価値があるのかその金額を明らかにします。

そこで調査される廃墟遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」跡の廃墟にいくらの値が付くのか楽しみですね!

番組が気になった方はこちらの記事もおすすめです。

それって実際どうなの課で紹介!静岡県伊豆スカイライン熱海高原ロープウェイ跡の廃墟「玄岳ドライブイン」跡の価値・査定額とは?場所詳細アクセス情報まとめ
2021年5月5日(水)23時59分~ それって⁉実際どうなの課【ワケあり駐車場を徹底調査】【ニッポンの廃墟問題】が放送されます。 番組では毎回、世の中のウマイ話を検証します。 今回、ずん・飯尾和樹さんが大人気の観...
それって実際どうなの課で紹介!静岡県伊豆の廃墟「下田温泉富士屋ホテル」の価値・査定額とは?場所詳細アクセス情報まとめ
2021年5月5日(水)23時59分~ それって⁉実際どうなの課【四つ葉のクローバーで一獲千金⁉】【廃墟問題を調査】が放送されます。 番組では毎回、世の中のウマイ話を検証します。 今回、「廃墟には実際...

最後までご覧いただきましてありがとうございます^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました